おすすめライトノベル紹介!!

 ご久しぶりです。音の家です。

今回はおすすめのライトノベルを紹介していきたいと思います。

 

 早速ですが、今回おすすめしたいライトノベルは、

 

 

アニメ第二期が4月から放送予定の

冴えない彼女の育てかたです!

 

f:id:otonoya:20161205233333p:plain

 

ちなみに、「彼女」と書いて「ヒロイン」って読みます。(略称はなぜか冴えカノ)

↑はアニメ版の画像ですね。

ライトノベル1巻の画像はこちらです

f:id:otonoya:20161205233621p:plain

「はい、出た!出ました~。

テンプレ系金髪美少女ヒロイン~!!」

 

って思ったアナタ残念ながらこちらはヒロインではないですw

主人公の幼馴染です。

ヒロインが表紙を飾るのは7巻からですねww(おっそーい!!)

 

これは俺、安芸倫也が、ひとりの目立たない少女をヒロインにふさわしいキャラとしてプロデュースしつつ、彼女をモデルにしたギャルゲームを製作するまでを描く感動の物がた…「は?なんの取り柄もないくせにいきなりゲーム作ろうとか世間なめてんの?」「俺にはこのたぎる情熱がある!…あ、握り潰すな!せっかく一晩かけて書き上げた企画書なのに」「表紙しかない企画書書くのにどうして一晩かかるのよ」「11時間寝れば必然的に残った時間はわずかに決まってんだろ」「もうどこから突っ込めばいいのよ…このっ、このぉっ!」…ってことで、メインヒロイン育成コメディはじまります。

冴えない彼女の育てかた1巻、紹介文より)

 

 ていうわけで一言でいうとギャルゲーを作る話です。

 作者は丸戸史明さん、イラストは深崎暮人さんで、
現在では本編11巻、短編3巻の合計14巻が刊行されています。

ちなみに、短編も続きの話になっているので買うことをおすすめします。

 

 

 個人的に、この物語は

7巻からが凄いです!!!

 だからと言って7巻までに飽きることもなくテンポもいいので読むのがとても遅い私でも早いペースで読むことができました。

ヒロインのステルス性能の高さと来たらホントにもう、、、

とか言いつつ全然「冴えてない」むしろ、冴えまくりです。

11巻では体をくねくねさせながら読みましたw

 

 さて、今回はどうでしたでしょうか?

 この「冴えない彼女の育てかた」は「このライトノベルがすごい!」でも何度かランクインしてますし、知ってる方も多いと思います。でも、これを機に読んで頂けたらこちらもやりがいがあって嬉しいです。

 ご観覧ありがとうございました。

 また更新します近いうちに更新します、、、たぶん。